*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、書類審査の結果が届きました。

残念ながら今年も出場が叶いませんでした。



スポンサーサイト

追記といっても

事実上、工大祭の展示での出来事ですが、

実は、

他にも、

こんな声をいただきました。

ある工学系の専門家の方が来られて、


アルミボックス桁展示を見学させた時に、


「カーボン使えないなら、アルミパイプに変えたらいいのでは??」という声をいただきました。

これについて、適格なアドバイスだと思いました。

確かにアルミパイプを桁に採用した場合、

規格品の為、桁代はボックス桁より易く済む。

組立工数の削減が確実である。
   
という点があります。

 しかし、昨年から発案して、
 
桁試験までしたアルミボックス桁を手放すのは、

(設計やチームとしても)惜しいところです。

桁製作を簡素化して出場にこだわるか?

技術の継承に繋げるか?
悩みどころです…。





 今月の頭の週には、工大祭がありましたが、

鳥人間コンテストに出場できなかった割には、高評価をいただき何より嬉しかったです。

9月下旬の桁試験を終えたアルミ桁の展示や

完成済みのコックピットフレーム、

書類審査に出願した時の三面図(2014機)

など、

模型ではなく、

リアルなものが高評価のつながったと考えています。

 その一方で、子供向けの展示が欲しかった

という声や、

作った機体を一式見せて欲しい

という声もありました。

 前者に関しては、今回いただいた声を、

来年度以降の展示に生かしていこうと思います。

 後者に関しては、まだまだ機体を作るに力及ばずで悔しい気持ちと

申し訳ないという気持ちです。

その分、

  意地でも機体を完成させてやるからな~(笑)

  来年の工大祭にご期待を…


最後に、工大祭の様子はこちらに載せてあります。
Twitter 広島工業大学人力飛行機同好会で検索。
 






~速報~

 日付が変わりましたので昨日のことになりますが、

初めての桁試験を行いました。



 結果は、0.5G、1G(定常飛行時の荷重)を荷重に無事耐えてくれました。


しかし、1G~1.5Gかけていくところで、桁が、「パーン~」という音とともに

地味に破壊しました。

詳しくいうと、1.2G耐えました。



 破壊箇所は桁根元でした。根元のリベットが破断するという結果になりました。


 破壊した原因は、製作誤差によって生じた元々の桁の歪みであったと考えています。

また、誤差を修正するためにリベット穴や、桁接合部のボルト穴を必要以上に広げて対処したこと

も一因であると考えています。

 実際、荷重をかけた時に元々歪んでいる方向に歪みが拡大するという現象が起きました。

当初の予想は、接合部が真っ先に折れることを予想していましたが、

思った以上に頑丈で良かったです。

しかし、製作誤差による影響の大きさを実感しました。

 
 今回の結果をしっかり分析して、

具体的な改良案きめていくとともに

次の桁試験では、よりいい成果を出していきたいです。



(桁試験の写真はTwitterに載せてあります。広島工業大学人力飛行機同好会と検索すると出てきます。)

皆様初めまして!!広島工業大学人力飛行機同好会です。

現在、鳥人間コンテスト出場を目指して活動しています。

今年度は残念ながら落選となりましたが…(´・ω・`)<そんなー…

新しく参加希望の方を大募集中です!!

募集要項
性別不問!!女性部員大歓迎です!!

活動日 月~金曜日

活動日は要相談で週1参加からもおkです。

明るく楽しいサークルです。見学だけでもいいので興味のある方は是非大学6号館208室水力実験室まで!!

Twitterの方でも活動内容を紹介してますのでそちらの方もフォローよろしくです。

広島工業大学 人力飛行機同好会ツイッターアカウント
アカウント @milkyfai0909



QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。